検定試験

社会人となった時、即戦力として役立てるよう商業科目の資格取得に力を入れています。

簿記能力検定 企業の経理担当者として必要な商業簿記の知識をもち、事務処理ができるようになります。
電卓計算能力検定 電卓の操作が正しくでき、さまざまな計算事務を正確迅速に行うことができるようになります。数字を扱う人にとって必須の資格です。
日本語ワープロ検定 ワープロの技能を測る検定ですが、打った文字数の多少だけでなく、社外文書や社内文書を作成することにより、ビジネス文書作成能力も問われる試験です。ビジネスには必須です。
文書デザイン検定 ワープロソフトを有効に利用することのできる操作技術や文書を作成したり起案したりする能力を身につけます。
情報処理技能(表計算)検定 ビジネス社会で使用頻度の非常に高い、表計算ソフトの操作能力や知識を測る検定です。グラフ作成等の豊富な機能を利用することにより身につきます。
情報処理技能(データベース)検定 企業の各業務で共通に利用するデータを、データベースソフトを利用して分類・整理し、そこから情報検索する能力を身につけます。
プレゼンテーション作成検定 パソコンのプレゼンテーションソフトの有効な利用を通じて、プレゼンテーション資料作成能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ります。
ホームページ作成検定 パソコンソフトの有効な利用を通じて、ホームページ作成能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ります。 
硬筆書写検定 文字や表記を正確に書くこと、早く能率よく書くことは、現代の日常生活や会社事務の処理において欠くことのできない大切な技能です。
色彩能力検定
(商業デザインコースのみ)
色を記録・伝達するときの方法や色の役割・効果についての知識、配色の基本的な考え方を習得し、実践できるようになります。
パーソナルカラリスト検定
(商業デザインコースのみ)
個人の持っている色と似合う色を見つけるための知識を持ち、魅力を最大限にアピールする方法、輝いて見せる方法を提案する力を身につけます。

☎082-231-1600

受付時間:月~金 9:00~16:30